愛知県豊橋市の鉄・ステンレス・アルミ等溶接加工・製缶加工のことならハリカワ鉄工所にお任せ下さい!

ステンレス溶接 アルミ・スチール加工|TOP PAGE
ステンレス溶接 アルミ・スチール加工|町工場の技術力 溶接加工
ハリカワ鉄工のこだわり
製作依頼
よくある質問

ステンレス溶接 アルミ・スチール加工|経験と信頼の証 製作実績
製品実績
鉄加工実績

ステンレス溶接 アルミ・スチール加工|品質を支える 職人技
職人の加工技術
職人紹介
設備紹介

ステンレス溶接 アルミ・スチール加工|インフォメーション
ごあいさつ
会社概要・地図
問合せフォーム

ステンレス溶接 アルミ・スチール加工|一般の方へ 鉄の便利屋さん
オーダーメイド製作
溶接修理
相談フォーム

ステンレス溶接 アルミ・スチール加工
 職人の加工技術

加工の手順

「切る」
ステンレス溶接 アルミ・スチール加工  材料を所定の寸法に切断することから製作が始まります。 切断する基本は、「はさみ」の原理で切る「せん断加工」で、 シャーリング、コーナーシャーはこうした機械です。複雑な形状は レーザー光線の熱エネルギーで切断するレーザー加工機で切り出します。 パイプなどの「長もの」はメタルソーなどで切断します。                    
「折る・曲げる」
 金属に大きな力を加えて変形させる「塑性加工」の一種です。曲げられる材料の外側は伸び、内側は圧縮されます。また、力を除くといくぶん元に戻るスプリングバックという現象が起こります。こうしたことから、正しい寸法に加工するためには、板厚、材質に応じた展開計算だけでなく、豊富な実戦経験が必要なのです。                   
ステンレス溶接 アルミ・スチール加工
「穴をあける」
ステンレス溶接 アルミ・スチール加工  穴をあける加工のもっとも基本的なものは、「ボール盤」による穴空 けです。ドリルで穴をあける切削加工の一種です。またその穴にネジをきるのが「タッピングボール盤」です。数が多い場合はプレスや、これを自動化した「タレットパンチ」を用いて穴をあける加工を行います。              
「溶接」
 溶接とは材料同士を熱をかけて溶かし、一体のものにつなげてしまう加工法です。材質や板厚、姿勢など条件により電流、電圧など最適な溶接条件を選定します。また、板と板を重ねて大きな電気抵抗を発生させて接合する「スポット溶接」も利用することがあります。                        ステンレス溶接 アルミ・スチール加工

ステンレス溶接 アルミ・スチール加工

溶接のことならお任せください!
ハリカワ鉄工所
愛知県豊橋市柱四番町82番地2
お問い合わせ TEL:0532−45−4789
         FAX:0532−48−5927
1個から製作します! 見積OK!

COPYRIGHT(C)2008 ステンレス溶接|溶接職人 ハリカワ鉄工所 ALL RIGHTS RESERVED.